南国育ちのブランド豚

-こだわり-

温暖な気候と豊かな自然の中でのびのびと

甘熟豚 南国スイートが育てられている亀川農場は、鹿児島県と宮崎県にまたがる自然豊かな山の中に位置する。
南九州の温暖な気候は、豚が育つには最適な環境である。

最適な環境・熟練の生産者・血統の掛け合わせ・エサ。全ての要素にこだわりを持ち、自慢のブランド豚が育てられている。

養豚家 亀川 孝志

店名『亀かわ』の由来となっている、甘熟豚 南国スイートの生産者。
豚づくりに情熱を燃やし、血統の掛け合わせやエサの研究も欠かさず、愛情を持って豚を育てる。
どうしたら豚が健康に育つのか。どのエサが安全か。どうしたらお客様に美味しいと言ってもらえるのか。
熟練の生産者と言われるようになった今でも、学びを怠らない。

厳選された三元豚

九州と言えば"黒豚"が有名。
甘熟豚 南国スイートは、"黒豚"に負けない美味しい豚をつくりたいという想いからつくられた白毛の三元豚ブランド。ランドレースとラージホワイトという品種を掛け合わせて生まれたメス豚に、デュロックの雄を掛け合わせたのが南国スイートの元となる三元豚の子豚。
その子豚をこだわりの工程で育て、はじめて南国スイートとなる。

パイン粕配合のこだわりのエサ

エサにパイン粕を加えることで、ブロメラインという酵素の働きにより豚肉がより甘く、よりやわらかくなる。
さらに、通常の豚よりも2か月も長く肥育することにより、肉の旨みが熟成される。
肥育期間を長くすることで硬くなりがちな肉質を、エサと肥育方法によりやわらかく美味しい状態で出荷する。熟練の確かな技術なのである。

-味分析-

人の味覚は曖昧である。
それならばと、第三者による味分析を実施した。
その結果が下の通り。
他の国産豚、外国産の銘柄豚、そしてなんと鹿児島黒豚と比較しても、
雑味が少なく、旨味が感じられやすいとの数値結果。
数字に嘘はない。
しかしそれ以上に、食べてみればその差はきっと体感できるはず。

甘熟豚 南国スイートの味を 亀かわ でご堪能下さい

店舗・商品等に関するご意見・ご要望・感想等ございましたら、ご連絡くださいませ。